TOPPAGE
坂元友介氏 インタビュー
スタートは「アニメーション」 スタートは「アニメーション」
(略)  ・・・坂元友介氏   ・・・e-Spirit

坂元さんといえば、学生時代からアニメーションのアワードを多数受賞されて、アニメーション作家としても将来性に期待が高かったと思うのですが。

今でもプライベートでは書いているんですよ。CMディレクターを目指すにあたって、CMにはアニメも実写もあるので、いろいろなことができそうだなと思っていましたし、一人ではなくてチームで作品を作り上げるものにも挑戦してみたかったんです。今現在、実際にCMを制作していても、それは感じています。

ちなみに、アニメを始めたきっかけをお伺いできますか?

もともと映画などを見るのが好きで、美術専門の高校に入学し、そこでは彫刻、デザイン、油絵に力を入れていました。そこで先生から短編アニメ面白いぞっていうことを教わり、空いている教室に机とライトを置いて、自由に使わせてもらってアニメを制作していました。気軽な気持ちでキリンアートアワード2002に出展したら奨励賞をもらって「やった!もっと作ろう!」と思ったんです。

※キリンアートアワード:キリンホールディングスによる芸術文化支援活動のひとつ

目標にしていた監督はいましたか?

高校時代に好きだったのは、石井克人さん。石井さんも東北新社出身なので、そこで会社を知ったことも大きかったです。あとは『貴金属刑事』の演出をされた井口弘一さん。本当に大好きで、今でも憧れの存在です。


にじみ出る「らしさ」が自分の色となる にじみ出る「らしさ」が自分の色となる

アニメだと、自分の思い通りに描くことができますよね。その分、生身の人間を使うことに関して、とまどいや歯がゆさがあったりしましたか?

僕の作るアニメは一人で完パケちゃうことが多い方ですので、おっしゃる通り、全部自分の思い通りにコントロールできていたんです。
CM制作の現場では、生身の人間を使うことで確かに思い描くことが忠実に再現できなくて「もっとこうしたいのになんで?」というモヤモヤ感を感じることもありますが、その分、意図しない面白さに出会える瞬間もありますし、良さが見えたりするし、味になることに対してはポジティブにとらえています。

ちなみにこれまでに出会った「意図しない面白さ」の中で、印象的だったものを教えてください。

細かいニュアンスだったりするんですけどね。あるCMで男性が女性に接するとき、役者さんが髪をなでたんです。僕がそう指示したわけではないけど、その演技でぐっと雰囲気が出て良くなりました。人の演技で気づくことって多いですね。
あと、受賞した「JACリマーカブル・ディレクター・オブ・ザ・イヤー2010」はサッカースタジアムでの撮影で、静止していてほしい審判役のインド人が必ず動いてしまうというのもありました(笑)。「動かなくていいよ!」って言っているんですけど、動いちゃう。あれは「なぜだー!」って叫びましたね(笑)。

結局どうされました(笑)?

微妙に動いていましたが、もう仕方なくてOKを出しました(笑)。

坂元さんは、演技に芝居をつけるスタイルですか?

ディレクターデビュー直後は「ここではこうして、こんな表情で、反時計!」くらいにみっちりやっていたんですけど、最近は、一発目を自由にやってもらって、持ち味を引き出すようにしていますね。

明治北海道十勝スマートチーズのCMがとても面白かったです。舌が肥えているソムリエの田崎真也さんが、まさかのミスで、あのリアルな驚きの表情。

あれを良しとしてくれた田崎さんの懐の深さに感謝ですよね。テレビ出演が多いので、慣れてらっしゃって、とくに演技をどうこうしなくても、あの絶妙な雰囲気を作っていただけましたね。

ご自身のストロングポイントは?

まさにそれを探している途中です。よく「作品の色」だとか言われますけど、いつも通りに演出して出来上がったものを見たときに、にじみ出るものがその人自身の「色」なんだと思うんです。なにかそういう特色を出していけたらいいですね。
今はとにかく笑顔で「いいね!」っていうのが自分の頑張りどころかもしれません。テイクを重ねるときも、「いいね!」って言ってから「もうちょっとこうしようか!」とか。それは現場を明るくするために必要だと思いますし、メイキングでいろんなディレクターの現場に立ち会う中で学んだことでもありますね。
「よっしゃーオッケー!」とか、大声出すのがすごくかっこいいし気持ちいいです。アニメのときは声出さないじゃないですか?独り言で「45番ないぞ?どこいった?あ、45番あった」とか、ほんとそんな感じですから(笑)

なるほど(笑)。ちなみに、カンパケ後は気になりますか?

なりますね。友達に聞いたり、YouTubeのコメントが気になって見たりもします。「面白い」はもちろん、「かわいい」「後ろになんかいる!」みたいな発見とか、そこまで見てくれているんだっていうのが嬉しいですね。
Oisix『にほんむかしばなし』では、「乙姫様をいわゆる萌えキャラっぽく描いたんですよ。「乙姫かわいい」のコメントを見つけたときは、ちょっと嬉かったですね。



伝えたいこと、視聴者、作り手の感情。そのバランスが取れたら大人 伝えたいこと、視聴者、作り手の感情。
そのバランスが取れたら大人

オーディションで出演者を決めたCM作品はありますか?

リクルート『SUUMO プロに相談篇』はオーディションで決定しましたね。コンテを書いた時点で「容姿や雰囲気はこんな感じ」というのがかなり詳細に決まっている方なので、キャスト選定ですごく悩むといったことはないと思います。

キャスティングとしては、監督が求めているキャストイメージの提案が最も優先だと思いますが、いい意味で監督を悩ませたりする方も推薦したい、という気持ちもあるのですが…。

非常に嬉しいですね!プラスの変化球は大歓迎です。時々、ネタを入れてくれる人や、モノマネなんかの小芝居をしてくれる人もいて、面白いですよね。現場の雰囲気が明るくなるかもと思って候補に入れさせていただくことはあります。

今後、ご自身の特長であるアニメの感性などもCM作品に入れたいな、と思うことはありますか?

僕のアニメはちょっとぶっとんでいますから、どうですかね(笑)。CMはクライアントの商品が主役ですから、なかなか自分だけの感性を込めてというのは、難しいのかと思います。
ただ、様々な方の希望をかなえつつ、自分の感性とか特長をCMとしてアウトプットできたらいいなと思っています。
いろいろな方の思いを形にしながら、さらに自分らしさもうまい具合に表現できたら大人だなあと思いますね。

最後に今後他の分野への進出は考えられたりしてますか?

何人か出演する場合は、やはり全体を見て良い雰囲気が出るような提案をしていただきたいです。一緒に打ち合わせをする中で僕もそのことを伝えたいし、感じてもらいたいですね。

今後の目標や挑戦していきたいことはありますか?

今は考えてないです。目の前の仕事に精一杯取り組んでいくだけです。これからのことも大事ですが、今を生きていきたいです。

ありがとうございました!



坂元友介氏
up

クリエーターズインタビュー

2013年からは『ヤングクリエーターズインタビュー』をお届け致します。
第3回目は坂元友介さんを
インタビュー!